株とはいったい何か?

株とは「株式」の略称です。会社が資本を集める際に、大口の資金を銀行などからドカンと調達するのではなく、細かい単位に細分化して多数の投資家からお金を集めるための仕組みです。一口数万円~数十万円で売られていることが多いため、個人でも買うことができます。大量の株式を発行して企業が集めたお金は、実際に企業が事業を行うのに使用されて、利益を生みます。利益は配当という形で投資家に分配されます。これが株式会社の仕組みです。

株には人気・不人気があります。この人気で決まる値段が「株価」です。新聞の株式欄にびっしり並んだ数字や、証券会社の前をスクロールしている数字を見たことがありますか?あれは、時々刻々と変化する株への「人気投票」の結果が表示されているようなものなのです。人気が変われば、株価は値上がったり値下がったりします。例えば業務提携した会社の株価は上がりますし、不祥事のあった会社の株価は下がります。これはその会社への「人気」が上下するからなのです。

株の仕組みを例で説明

企業が上場すると、まずは新規株式を発行します。たとえば企業A社が1億円を調達したいなと考えたとします。そこでA社は上場して、1株1000円で10万株を発行することにしました。

上場にあたり、まず10万人の投資家がこの株を買います。これでA社は1億円の資金を得て、市場には10万株の株式が発行されました。一度発行された株は、自由に売買することが可能です。私たちが一般的に「株」と呼んでいるものは、ほとんどがこの「一度発行された株」です。いわば、金券ショップに流れた切符やチケットを、みんなで転売しまくっているようなものなのです。

企業は株式を発行すると、配当を付ける義務が生じます。決算のたびに、事業で儲けた利益の一部を「1株あたり??円」という配当という形で投資家に与え、還元します。「うちの会社にお金を出してくれてありがとう!儲かったので??円あげます!」と言われていることと同じです。ただし配当をつけない会社も存在しますし、赤字であれば配当を出すことはできません。

例えばA社は1年間で1000万円の純利益をあげることができたので、1株につき50円の配当を出すことにして、500万円を投資家に還元したとします。するとこの株の利回りは50/1000 = 5% ということになります。利回りはもちろん高いほどお得です。

企業にとっての株式発行のメリット

企業にとってのメリットは、なんといっても

  • 利子なし
  • 元本返済無し

で資金を調達できることです。銀行から多額の借金をしても事業を行うことはできますが、毎年利子を支払わなければならないし、1年や数年といった期間で元本を返済しないといけません。これは事業を行う上で大きな重しとなります。

しかし株式を発行することで、利子も払わないでいいし、一度調達したら全く返済をしなくてよい資金を手に入れられることとなります。なんて気楽なお金なのでしょう!もちろん、配当を出して利益の一部を還元しなければならないという制限はありますし、上場企業は世間が見る目も非常に厳しくなります。しかしそのリスクをとっても、自由に使えるお金を得られるメリットはあまりあるものです。

もう一つ、株式発行により「ストック・オプション」を従業員に与えることができます。これは従業員に、給料やボーナスの一部を株式として与えるものです。株価は業績が上がればそれに伴って上がっていきますから、従業員の勤労意欲が高まります。また、取締役は大抵の場合に大株主となっています。これも取締役に大きなインセンティブを与えます。彼らの持株数は一般投資家の比ではありませんから、株価が上がれば巨額な利益を得ます。こうしてさらに、企業価値を高めることに推進力がつくわけです。

投資家にとっての株式発行のメリット

たとえばあなたが会社にお金を貸すことは、まずできません。企業が必要とする金額は億単位以上になることが多いので、そんな大金を個人が出すことはまず不可能です。しかし株式なら、小口の資金を使って投資することが可能です。

株式は会社の一部を所有することと同義です。ですので投資家が株式を購入すると、利益の一部を配当として受け取る権利が発生します。これを「インカム・ゲイン」といいます。また、将来株価が上がれば、投資した株自体の価値が上がります。株価が上がったところで他人に譲渡すれば、差益で儲けることができます。これを「キャピタル・ゲイン」といいます。一般的に「株で儲ける」といえばキャピタル・ゲインを指すことが多いです。株式を購入すると、購入数に応じて「株式優待特典」を得ることができます。例えば交通機関のフリーパス、クオカード、施設の割引券などの特典があります。優待だけが目的で株を購入する人も沢山います。

株には、投資して得られる利益が2つあります。
http://www.kabu-syoshinsya.com/

また、株主は「株主総会」に参加する権利があります。株式の持ち分に応じて、発言権が高くなります。経営に意見を述べることができるのも、投資家にとってのメリットと言えるでしょう。