投資信託とは、投資家から集めたお金を一か所にまとめてそれを利用し、運用のプロが株券や債券などに投資し、運用する商品を言います。そこでプロに因り運用された成果がお金を預け入れた投資家のそれぞれの投資額に応じた分配金が入ってくる金融商品です。投資信託は社会の情勢や政治や株の市場によって変動します。運用がうまくいけば利益が得られますが、うまくいかなければ損をすることになります。運用によりでた利益や損失は投資額に反映されてきます。

つまり、投資信託は預け入れた金額そのまま(元本)が保証されていない商品になります。投資信託は、証券会社や銀行などの販売会社から販売されて投資金を集めます。そのお金は信託銀行に集められ、保管しておきます。それを運用会社が投資金をどのように運用していくかを考え実際に投資、運用していきます。このように、投資信託は販売・運用・資金の保管の業務を請け負い、各専門機関が与えられた役目を果たしていくものです。

初心者向けの投資信託のメリットについて

投資信託のメリットとして一番に挙げられるのは、少額から始められることです。株や債券だとまとまったお金が必要になりますが、投資信託は1万円と、お小遣い程度の金額から始めることができます。

次に投資信託にはお金を分散させるというメリットがあります。株や債券だと大きなお金を一か所に投じることになりますが、投資信託は少額資金を一つにまとめて大きな資産とし、それをもとにいろんな株や債券などに運用していくのでリスクを軽減させることができます。また、これらの運用は、株式や債券などの金融商品の投資に必要な知識と経験をもった専門家が運用していきますので、初心者で投資のことに詳しくない人でも気軽に預け入れることができます。個人で買えない商品も投資信託に預け入れることにより可能になります。

また、投資信託は取引価格(基準価格)が公表されています。資産の価値や今の値動きがはっきりわりますし、目論見書などで商品の詳細なども書かれており、透明性が高く、安心な金融商品といえます。

安全じゃない?投資信託のデメリット

投資信託のデメリットといえば、取引価格が変動することです。これは、投資信託の性格上、株式や債券などの値動きの激しい商品に投資をするため、価格が一定ではありません。従って、預け入れた元本が保証されていないのです。投資信託にはいろんな商品がありますが、国内外の株式や債券投資、不動産、為替(外貨)などといったものに投資をしています。ですので、国内外の社会情勢や政治情勢・災害などの影響や国内の企業の業績にも振らされます。

また、為替は変動幅が激しく、外国通貨建てに投資していれば円高になれば取引価格がマイナスになり、取引価格が円安ならプラスに働きます。債券などについては国(国債)や企業(社債)が財政難で破たんするような場合、最初に決めた利息や投資金額を支払うことができなくなるリスクもあります。この債券ですが、金利がついています。この金利についても上がると債券の価格が下がりますし、金利が下がれば債券の価格が上がる仕組みになっていますので、金利の影響も受けてしまいます。

投資信託よりもシンプルな株がお勧め

投資信託は便利で手軽ではあるのですが、運用をプロに任せっぱなしになっている分、自分がリスクを背負っている商品を購入している意識が低くなります。従って、預け入れているものを定期預金と勘違いし、今の取引価格がいくらになって、どのくらい損が出ているのかに気がつきにくいことがあります。また、投資信託には購入するとき、購入時に手数料が発生します。その他に、投資信託を預け入れている間に引かれる運用管理費用や監査報酬といって、投資信託の財産から間接的にですが、支払われていきます。そして、運用会社は株などを売買して運用するのですが、その時に発生する売買代金も引かれていきます。また、投資信託をやめたいとき(解約時)解約金が発生してきます。

このように様々な手数料が引かれていきますが、初心者はほとんどそれに気がつかずに過ぎていくことが多いです。しかし、株式はとてもシンプルでわかりやすいものです。もちろん下がるリスクはありますが、上がればすぐに利益が得られますし、たとえ下がったとしても株を持っているだけで配当金という利息が毎年入ってきます。また、自分でリスクを管理するという知恵もついてきます。
このようなことから、少しの勉強で株のほうが大きな利が得られる商品といえます。