利益というのは、最初に、投資した金額よりも売却したときに受け取る金額との差額分が利益になります。当然ですが、売却することによって利益は確定します。売却していないうちは、利益にはなりません。人は欲深いものなので、自分が買った金額よりも高い株価になっている時は、もっともっと上がると考えていきます。あといくらになったら、どのくらい儲かるかと考えて、なかなか売る事ができません。株価は変動するので、そのうちに株価が下がってきたりします。

そうなると焦って売却してしまったり、売るタイミングを逃して保有したまま、利益が目減りしてしまった、少なくなってしまったと思う人も多いようです。含み益が出ている段階では、売ったら益になりますので、多くの人は売却したつもりになってしまいますが、実際に確定するのは売却をした後なので、利益を確定しておかないとなかなか売却する決心がつかず売り時を逃してしまいます。利益を自分の中で確定するのは重要なことです。

精神的な勝負が必要な利益確定

利益確定をする場合に、自分ではこの利益確定で十分と思ったから、売却注文をだしたのに、売却して利益を確定した後もどんどん株価が上がり続けて、ここで売却していればいくら儲かった、利益がでたのに、と考えてくよくよする人もいるかもしれません。売却するたびに、そんなことが起こっていたら、売却する際に、ここで売却したらまた上がるかも・・・と迷ってしまうことがでてきて、含み益がでていても売却できない、そしてそのうち売るタイミングがわからなくなってしまった。ということも起こってしまうかもしれません。

株式の取引をする上である程度の思い切りは必要です。思いきらないと、次の取引にも影響を与えてしまうことになります。もちろん、売却する株価の天井の値段で売却できたらよいのですが、そのタイミングは、なかなか難しいため多くの人ができません。売却するまでは、売ろうか、売るまいか、株価はこの後も上がるのか、下がってしまうのか、精神的にも落ち着かないと思います。思い切りとくよくよしないことが次の取引にもよい影響を与えます。

利益確定と損切りのタイミング

利益確定と損切りというのは、売買のタイミングを決めるうえで重要なことになります。利益確定というのは、いくらになったら売却する、損切りというのは、いくらになったら損を覚悟で売却することを損切りといいます。利益確定と損切りがうまくできる人は、大きな損失を抱えることはすくないといわれています。そういう人は、自分の中で、いくらになったら売却、いくらになったら損切りというルールをつくっている人が多いようです。

また、損切りの場合は、逆指値という売りの注文を設定できる証券会社もあります。これは、通常指値で売りを出す場合、指定した値段以下では売却しないという注文になりますが逆指値注文の場合は、逆になるので、指定した値段になったら市場に注文がでて、指定した値段で売却の注文をだすというような売り注文です。株価が上昇している時もなかなか売却はできないものですが、損切りは、損をするので、なかなか決心がつかないものです。そのような場合にも有効です。

売却するタイミングについての考え方

売り時がわからないという方がいますが、まず現物の株式で保有していれば、銘柄によっては保有しているだけで配当金もでる事もあり、基本的に、売却する必要はないように思います。しかし、保有している株が、市場の価格と比べてかなりかい離していたりする場合、売却し、利益を出しておくことで、また株価が下がった所で株を買い直すこともできます。また、特定口座であれば、利益がでた所で売却して利益を出しておけば、後で損切りをしたときに、利益分の税金と損益通算もできます。後は、自分の中での利益確定を決めていると売却しやすくなります。市場の価格をみていると、上昇時は、どこまで上がるかわからない為、売り時を逃してしまいますし、下落時はどこで止まるのかがわからないため、焦って売却してしまいがちだからです。

また、過去の株価の分析をしているチャートなどを使うのも一つの方法です。売り時がわからない場合、過去のチャートから高値と安値をみてどのくらいの周期で波がきているのか、いくらまで過去あがったのかこれ以上上がる余地はあるかということをみるのも判断基準の一つです。